平昌五輪金メダルに向け、女子フィギュアスケート浅田真央.村上佳菜子、ユリア・リプニツカヤ、アデリナ・ソトニコワ、長洲未来の最新情報,画像,写真!キム・ヨナ,,キミー・マイズナー ,カロリナ・コストナー,グレイシー・ゴールド!


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

引用:ヤフーニュース


 フィギュアスケートのグランプリファイナルが日本時間13日、スペインのバルセロナで行われ、男子フリースケーティングでは、羽生結弦(ANA)が、再び世界歴代最高得点を上回るフリー219.48点、合計330.43点で優勝。前人未到の3連覇を達成した。

 羽生は11日のショートプログラム(SP)で世界歴代最高得点となる110.95点をマーク。フリーでも冒頭の4回転サルコウ、続く4回転トウループを鮮やかに決め、後半の4回転トウループからの連続ジャンプもきれいに下り、自身の持つ322.40点の世界最高得点を更新した。

 2位はハビエル・フェルナンデス(スペイン)でフリー201.43点、合計292.95点。3位はSP4位だった宇野昌磨(中京大中京高)がフリーで自己ベストを10点以上更新する190.32点、合計でも276.79点を出した。村上大介(陽進堂)はフリー152.02点、合計235.49点で6位だった。
関連記事
スポンサーサイト

引用:ヤフーニュース














上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。