平昌五輪金メダルに向け、女子フィギュアスケート浅田真央.村上佳菜子、ユリア・リプニツカヤ、アデリナ・ソトニコワ、長洲未来の最新情報,画像,写真!キム・ヨナ,,キミー・マイズナー ,カロリナ・コストナー,グレイシー・ゴールド!


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

引用:ヤフーニュース


[20日 ロイター] - フィギュアスケートのグランプリ(GP)シリーズ第5戦、ロシア杯は20日、モスクワで開幕。男子ショートプログラム(SP)を行い、小塚崇彦は69.61点で8位だった。

アジアン・ピトケエフ(ロシア)が87.54点で首位に立ち、世界選手権王者のハビエル・フェルナンデス(スペイン)が86.99で2位。ロス・マイナー(米国)が85.36点で3位につけた。
引用:ヤフーニュース


スポンサーサイト
 フィギュアスケートのグランプリシリーズが今月末から始まる。浅田真央選手の復帰もあって盛り上がる中、なみなみならぬ決意でシーズンを迎えるのが小塚崇彦選手だ。

「小塚選手は'06年に世界ジュニア選手権で優勝し、'10年にはバンクーバー五輪に出場した輝かしい実績があります。しかし、股関節に故障を抱えており、ソチ五輪では代表落ち。今も完全な状態ではなく、今シーズンいっぱいで引退するのでは、という話もあります」(スポーツ紙記者)

 今年7月にはフジテレビの大島由香里アナウンサーと婚約を発表。公私ともに大事な時期を迎えている小塚だが、思い描く幸福な未来に一点の曇りが生じている。

 彼の父である嗣彦氏が女性から訴えられているというのだ。しかも、その理由が“強制わいせつ行為”だという。

「スケート業界では前から噂になっていた話です。今までなぜ表に出てこなかったのかが疑問なくらい。嗣彦さんはこの件があって、ここ数年はおとなしくしていますね。息子さんの試合にもあまり顔を出していないみたいです」(フィギュア関係者)

 嗣彦氏は“スケート王国”と言われる名古屋で大きな影響力を持つ重鎮だ。彼自身もかつてはフィギュアスケートの選手として活躍していた。

「小塚崇彦選手の祖父にあたる光彦氏は、旧満州のチャンピオンになった選手です。'53年には、初となる愛知のスケートリンクの完成に尽力しました。日本にフィギュアスケートを根づかせた偉大な功労者ですね。

 嗣彦氏は全日本選手権で3連覇を果たした名選手で、'68年のグルノーブル五輪に出場しました。引退後はコーチとして中部地区のジュニア育成に力を注ぎ、安藤美姫を指導したこともあります。奥さんの幸子さんもアイスダンスの選手でしたし、小塚家は由緒あるフィギュア一家なんです」(前出・スポーツ紙記者)

 嗣彦氏が中京大学で選手育成の任に当たったのは、実績から考えれば当然だろう。しかし、彼を訴えたのは、その中京大でフィギュアスケートを学んでいた女性だった。嗣彦氏から指導も受けていた学生ということになる。

「過去にも、彼の女性関係が派手だったのは聞いています。以前から奥さんとも別居されているそうですよ。ずっとひとり暮らしでしたから、問題が起きる状況が作られてしまったのかもしれませんね」(前出・フィギュア関係者)

 訴状などによると、事件があったのは'12年5月31日のこと。中京大非常勤講師としてスケートレクリエーションのコーチをしていた嗣彦氏の助手をしていたのが、スポーツ科学部に在学中だったAさん。

 嗣彦氏から夕食に誘われて応じたところ、和食店に行くはずだったのに車が着いたのは彼の自宅だったという。

「学生の親がお礼の意味でコーチを食事に誘うことは珍しくありません。しかし、コーチと学生がふたりきりで食事をするということはなかなかないと思います。しかも自宅に連れていくというのはどう考えてもまずいでしょう」(前出・フィギュア関係者)

 食事の後に腰に手を回し、ひざの上にAさんを後ろ向きに座らせようとした。Aさんが嫌がっても服の下から手を入れて胸をもみ、強引にキスをした。帰りたいと訴えても、わいせつ行為はやまなかった。

 Aさんはそのショックで一時的に記憶障害に陥り睡眠障害に悩まされたとしている。前腕の打撲や腰椎捻挫などの外傷もあり、長期の通院を余儀なくされたという。
引用:ヤフーニュース


 金沢市の健民スポレクプラザのアイススケートリンクは20日、今季の営業を始めた。初日は、バンクーバー冬季五輪のフィギュアスケート男子代表、小塚崇彦選手が訪れ、小学生23人を指導し、交流を深めた。

 小塚選手は実演を交え、着地のバランスの取り方やスピンの仕方を丁寧に教えた。華麗な演技も披露し、トークショーではスケートを始めたきっかけや大会での心境などを紹介した。

 10万人来場記念式典も行われ、10万人目の東川怜(れい)翔(と)君(6)=金沢市=に、小塚選手の直筆サインやペンギンの縫いぐるみなどが贈られた。リンクは来年6月末まで営業する。

北國新聞社

引用:ヤフーニュース


 フィギュアスケート選手の小塚崇彦(26)とフジテレビの夜の顔、大島由香里アナ(31)が婚約したのをきっかけに、フジの女子アナ恋愛事情がみえてきたと話題だ。

 同局関係者は「女性ならではの面倒くささがない性格と、完璧なプロポーションを持つ大島は、幅広い年代の男性社員から人気があった。今後は人妻としての妖艶な色気を期待したいですね」と祝福したうえで、最近のフジの若手女子アナのある傾向をこう明かす。

「大島の結婚で思い出したんですが、今の女子アナは、一度交際がバレたら、もう隠さなくなっているんです。時期的には、大島と同期でもある生野が結婚発表前も堂々と中村とデートしていたあたりから、現在のような風潮になったようです」

 具体的に示し合わせたことはないようだが、婚前の生野陽子アナ(31)が、同期の中村光宏アナ(30)と社外でツーショットで出歩く姿に、周囲も影響されたという。確かに、ここ最近はプロ野球西武・金子侑司選手(25)と交際中の三田友梨佳アナ(28)がたびたびツーショットを報じられている。松村未央アナ(29)もお笑いタレント陣内智則(41)と交際中だが、陣内は何度も松村との交際を公の場で告白している。

「本来はいくら芸人であっても、交際報道をイジるぐらいにとどめて、最後の最後はオブラートにくるむもの。そこをオープンにするのは松村も隠そうとしないからです。実際、松村は周囲にノロけていますよ」(前同)

 そして、大島アナも例外ではなかった。

「大島も、今年5月に早稲田の人通りが多い学生街を昼間から小塚さんと歩いていたり、小塚さんの横浜の練習場にも足しげく通ったりしていたそうです。それまでの女子アナは、一度撮られたらどうやって二度と撮られないようにするか苦心していたんですが、今は皆の考え方が合理的になったんですかね」(前同)

 時代とともに女子アナも変わったということか。
引用:ヤフーニュース


 またひとり、人気女子アナが結婚することになった。フィギュアスケートの小塚崇彦(26)=トヨタ自動車=との婚約を発表したフジテレビの大島由香里アナウンサー(31)。同局の「あしたのニュース」メーンキャスターとしてサラリーマンの疲れを癒やしてきた“夜の顔”だけに、おじさんのため息が聞こえてきそうだ。

 双方の所属先が書面で発表。結婚は来年を予定しており、挙式・披露宴は未定。大島アナは退社せず、今後も仕事を続けていくという。

 2人の出会いは、小塚が日本代表だった2010年のバンクーバー五輪。大島アナは中継キャスターとして現地で取材していた。13年に交際に発展。同6月、熱愛が明らかになった際、小塚は大島アナを「良き理解者」と認めていた。18日に東京都内であったアイスショーの終了後、リンクから大島にサプライズでプロポーズ。出場選手らが見守る中、OKをもらったという。

 大島アナは23日夜、「あしたのニュース」で「本当に私事で恐縮ですが、先日婚約をいたしました」と報告。「これからも感謝の気持ちを忘れず、お仕事をますます頑張っていきたいと思います」と誓った。

 大島アナに限らず、各局とも人気女子アナの結婚が相次いでいる。

 テレビ朝日では、「スーパーJチャンネル」でキャスターを務める“カトマキ”こと加藤真輝子アナ(30)が7月に同期社員と結婚。NHKでは、巨乳で知られる杉浦友紀アナ(32)が5月に同期局員と結婚している。

 次に結婚する女子アナはいったい誰だ。

 ■この1年間で結婚した主な女性アナ

 女子アナ 結婚年月 お相手

 大島由香里(フジ) 15年7月 小塚崇彦(フィギュアスケート)※婚約

 加藤真輝子(テレ朝) 15年7月 同期入社社員

 久保田智子(TBS) 15年5月 日本テレビ政治部記者

 杉浦友紀(NHK) 15年5月 NHK局員

 下平さやか(テレ朝) 15年3月 長野久義(巨人)

 杉崎美香(フリー) 15年1月 フジテレビ社員

 枡田絵理奈(TBS) 14年12月 堂林翔太(広島)

 大江麻理子(テレ東) 14年9月 松本大(マネックスグループCEO)

 生野陽子(フジ) 14年9月 中村光宏アナ(フジ)
引用:ヤフーニュース














上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。