平昌五輪金メダルに向け、女子フィギュアスケート浅田真央.村上佳菜子、ユリア・リプニツカヤ、アデリナ・ソトニコワ、長洲未来の最新情報,画像,写真!キム・ヨナ,,キミー・マイズナー ,カロリナ・コストナー,グレイシー・ゴールド!


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

引用:ヤフーニュース


中国競泳界に新たな「女神」が誕生した。中国の水泳選手権女子50メートル自由形で優勝した広東省の劉湘(リウ・シャン)だ。日本のネットユーザーからも注目され、「フィギュアスケートの李子君(リー・ズージュン)よりカワイイ」と評判を呼んでいる。18日付で騰訊体育が伝えた。 日本メディアが「中国競泳界に新たな女神が誕生」と報じると、たちまち大きな反響を呼んだ。日本人ネットユーザーたちは「360度死角がない。清純でかわいい」「劉湘、美しすぎる!日本に来たら、絶対に会場まで応援に行く」「生まれつきの美しさに加え、ファッションセンスも抜群」「芸能界のアイドルかと思った」などと絶賛。 「フィギュアスケートの李子君を上回る美しさ」との意見も多く、「標準的な美人顔。顔が小さく、整った顔立ち、スラリとしている。李子君は顔が大きすぎるし、背も低い」「劉湘の顔面偏差値は李子君より上」「李子君が中国で1番美しいアスリートだと思っていたけど、劉湘の美しさには驚いた。劉湘こそが中国スポーツ界の女神だ」「劉湘は男にとって理想の女神。彼女の笑顔を見ただけで、心がとろけそう」などのコメントが相次いでいる。 多くの日本人ネットユーザーが「劉湘の水着写真がないのは残念すぎる」「セクシー写真集を出したら、100冊買う」などと、ビキニ写真への強い願望をあらわにしている。 (編集翻訳 小豆沢紀子)
引用:ヤフーニュース


スポンサーサイト
2015年4月8日、中国網によると、フィギュアスケート女子中国代表の李子君(リー・ズージュン)が7日、中国版ツイッター・微博(ウェイボー)で写真を公開した。

写真の李子君は、自身の性格を現すかのような黄色い衣装に優美なポーズをとっている。(提供/人民網日本語版・翻訳/YH・編集/武藤)
引用:ヤフーニュース


2015年3月27日、京華時報によると、フィギュアスケートの世界選手権が26日午後、上海で行われ、注目される中国の美少女フィギュアスケーター李子君(リー・ズージュン)は女子ショートプログラム(SP)で6位につけた。インタビューに答えた李子君は試合に集中するため、リンク外の話題に触れることを避けた。

女子ショートプログラムで、李子君は普段通りの実力を発揮し、今季最高の61.83点で6位となった。李子君はインタビューに答え、「あまり理想的な滑りとは言えないが、この成績は受け入れられる」として、「現在、スランプから這い上がろうとしている時期で、状態はまだあまり良くない。ただ、今回は全体的には実力を出せたと思う。今回も特別な目標は立てておらず、どの大会でも自分の記録を打ち破りたいと思っている」と率直に語った。

リンク外でのニュースも李子君への注目を高めるのに一役買っている。今回も、李子君がリンクに上ると、客席から熱烈な歓声が上がった。「注目されることは、私にとってはプレッシャーではなく、それよりも原動力となっている。観客の情熱的な応援によって、自分を奮い立たせ、自信を増すことができる」と述べた。しかし、リンク外のことについてはあまり触れられたくないようだ。羽生結弦と「仲がいい」という話題を質問された時には、非常に警戒したような表情となり、「単なるうわさ話。毎年試合の時に会うだけで、特別な関係ではない」と答えた。

韓国の「フィギュアの女王」ことキム・ヨナが引退し、浅田真央も活動休止中の今、李子君はアジアで最も人気の女子フィギュアスケート選手となっている。李子君は「北京・張家口冬季五輪招致が成功すれば、絶対にそれまで滑り続ける」と固い決意を語った。(提供/人民網日本語版・翻訳/MZ・編集/藤井)
引用:ヤフーニュース


ハンギョレ新聞は26日、国際オリンピック委員会(IOC)が平昌冬季五輪組織委員会に新しい開閉会式場を作るように要求したとされる件について、キム・ヨンウン元IOC副委員長の言葉を引用し「そのような事実はない」と否定した。

記事は、「平昌冬季五輪後、天文学的な規模の赤字が発生することは韓国政府を含め、誰も否定しない事実だが、政府も政界も赤字を減らす目的で分散開催を求める世論には耳を傾けようとしない」と指摘。さらに、1200億ウォンを使い、開閉会式場を新たに建設することも疑問視している。平昌冬季五輪組織委員会などは、IOCが既存のアルペンシアスキージャンプ競技場が狭いといい、開閉会式場として適合していないという判定を受け、1200億ウォンをかけて新たに建設することに決めた。だが、キム・ヨンウン元IOC副委員長は、「現職ではないが、IOCの委員と交流している」と述べ、「IOC委員と話したが、IOCは開閉会式場の建設は要求していない」と答えたという。

また、キム元IOC副委員長は、開閉会式場として屋外を推薦しているという。「これまで冬季五輪の開閉会式の多くは屋外で行なわれた。長野、インスブルック、リレハンメル、アルベールビルの会場はすべて屋外だった」とし、「韓国でも既存の計画通りにスキージャンプの競技場に舞台を作って、十分に行なうことができる」と語った。

また、日本との分散開催については「日本との共同開催は外交や国民感情など問題が多いため、難しい」と述べている。一方、国内分散開催については、「アジェンダ2020がそういう道を開いてくれた。アイスホッケーとフィギュアスケートは世界選手権をやったソウルなら、すべての基盤が整っている」と話した。さらに、「いまは大会を成功裏に開催するために知恵を集めなければならない」とし、「IOCは今、平昌五輪が失敗するのではないかと気をもんでいる。IOCとうまく交渉すれば、分散開催は十分に可能だ」とも主張している。

この記事に対し、韓国のネットユーザーからは様々な意見が寄せられている。

「若者は苦しんでいるに、朴大統領の資産は毎年増えている」

「キム副委員長も問題の多い人物だったが、この話にはすべて納得。与党を応援しないと成功できない大韓民国。それがこういう不合理的な問題を起こしている」

「江原道民のみなさん、どうか意地を張らないで、分散開催にしてください。約束をしたとしても守れない時もある。国が亡びてしまいます」

「すごくいいアイディア。ソウルと平昌は近い。いい施設は既存のものを利用すればいい。選手がソウルに行けば、経済も潤う。いいことがたくさん」

「キム副委員長は平昌五輪誘致を阻止していた悪い人」

「分散開催が可能なら、国や国民のために、交渉してみたほうがいい。検討しろ」

「人気のないスポーツは大会も開催されないだろうから、五輪が終わったら維持費も出ない」

「韓国の選手には競技場が不足しているから、その面では、五輪が開かれ、インフラができて、おめでたいこと」

「IOCは分散しろと言っているのに、なぜ?」

「日本とは嫌だが、国内分散は考慮してみてほしい。なんであんなに頑ななの?」

(編集翻訳 MJ)
引用:ヤフーニュース














上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。