平昌五輪金メダルに向け、女子フィギュアスケート浅田真央.村上佳菜子、ユリア・リプニツカヤ、アデリナ・ソトニコワ、長洲未来の最新情報,画像,写真!キム・ヨナ,,キミー・マイズナー ,カロリナ・コストナー,グレイシー・ゴールド!


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

引用:ヤフーニュース


 ソチ五輪フィギュアスケート女子シングルで金メダルを獲得したロシアのアデリナ・ソトニコワが、ロシアの日刊紙に、2018年に開催される平昌五輪出場に向けての不安を告白した。複数の韓国メディアが報じた。

 ロシア紙のコムソモリスカヤ・プラウダは1日、ソトニコワのインタビュー記事を掲載。「ソチ五輪でキム・ヨナに勝った後、韓国に行くことについて不安や心配はないか」との質問に対して、「正直不安だし心配だ」と答えた。

 ソトニコワは続けて「キム・ヨナは韓国ではアイドルだ。みんなから愛され、崇拝の対象となっている。韓国人たちを理解する」とした。

 また、「キム・ヨナは偉大なスポーツマンだ。浅田真央(日本)やカロリーナ・コストナー(イタリア)と共に、私がとても好きなフィギュアスケート選手でもある」と話した。

 ソトニコワは現在、国際スケート連盟(ISU)女子シングルで9位にランクイン。ソチ五輪では金メダルを獲得し2080点を得たが、2014ー15シーズンは足の負傷の影響で1点も獲得できなかった。

 ソトニコワは「今シーズンは大会に出場できなかったが、怪我はほとんど回復した」とし、「プログラムの要素や技術を完璧にこなせるよう努力している」と近況を明かした。

 ソトニコワはソチ五輪で、ショートプログラム(SP)で首位だった韓国のキム・ヨナを、フリーで逆転し金メダルに輝いた。韓国ではキム・ヨナの連覇が期待されていたため、試合後、ソトニコワへの批判が相次いだ。(編集担当:新川悠)(写真はイメージ。「CNSPHOTO」提供。2014年ソチ冬季五輪にて)
引用:ヤフーニュース


スポンサーサイト
2015年4月1日、韓国・アジア経済によると、2014年ソチ五輪女子フィギュアスケート金メダリストのアデリナ・ソトニコワ選手(ロシア)が、「正直、韓国に行くのは怖い」と発言した。

露紙コムソモルスカヤ・プラウダは同日、ソトニコワ選手のインタビューを掲載した。ソトニコワ選手は、「ソチ五輪でキム・ヨナ選手に勝った後、韓国に行くのが怖くなった?」との質問に対し「正直、怖くて心配だ」と答えた。ソトニコワ選手は2018年に韓国で開催される平昌五輪に出場する可能性がある。

ソトニコワ選手はまた、「キム・ヨナ選手は韓国ではアイドルのような存在だから、韓国人の気持ちはよくわかる。キム・ヨナ選手は、浅田真央選手やカロリーナ・コストナー選手とともに、私が大好きなフィギュアスケート選手の一人だ」などと語ったという。

これについて、韓国のネットユーザーは批判的なコメントを寄せている。

「来れるもんなら来てみろ」
「実力もないのに平昌五輪に出場できるの?」
「心配せずにおいで。ソトニコワ選手の実力を確かめたい」

「言い訳してももう遅い。ソトニコワ選手は韓国人が大嫌いなスポーツ選手の一人だ」
「ソトニコワはキム・ヨナに勝っていない。ヨナの金メダルを盗んだんだ!韓国人を怒らせるな」
「実力で金メダルを勝ち取ったのなら、怖がる必要ないんじゃない?怖がるのは自信がない証拠!」

「浅田真央も同じようなことを言っていなかった?自分に自信がないのを韓国人のせいにするな」
「平昌五輪に出場するために、心にもないことを言っているね(笑)キム・ヨナが好きだなんてうそ!以前は浅田真央とコストナーのファンだと言っていた」(翻訳・編集/堂本)

引用:ヤフーニュース


 複数の韓国メディアは4日、ソチ五輪フィギュアスケート女子で金メダルを獲得したアデリナ・ソトニコワ(ロシア)が最近、ロシア国営の通信社「Rスポーツ」とのインタビューで、韓国人に対して良くない感情を示したと伝えた。

 ソトニコワは、五輪後に韓国人からSNS攻撃を受けたことについて質問されると「一部の煩わしい韓国人がまたそう(攻撃)するのなら、それについて答えたくない」と回答。「今も悪口を言う人がいるのか?」という質問にも、「それについて関心を持たないでほしい」とだけ述べた。

 韓国のアイスショーに招待された場合は参加するのか問われると、ソトニコワは「韓国のアイスショーに出演した男性スケーターたちの反応は悪くなかった」としながらも、自身が出演することについては「正直言って怖い」と話した。

 韓国のキム・ヨナ(韓国)ファンについては「彼らにとってキム・ヨナは大きな存在だ。彼らはキム・ヨナを応援し、彼女のために戦っているのだ」と述べ、ファンらの行動に理解を示した。

 ソチ五輪で、連覇が期待されていたキム・ヨナは女子ショートプログラムで首位に立つも、フリーでソトニコワに逆転され銀メダルとなった。その後、ソトニコワのSNSには、韓国のキム・ヨナファンによる抗議や非難の書き込みが相次いだ。(編集担当:新川悠)
引用:ヤフーニュース


2014年4月17日、騰訊体育によると、韓国がキム・ヨナの金メダル「奪還」のため国際スケート連盟(ISU)の懲戒委員会に提訴したことについて、ロシアスケート連盟とソトニコワが反応を示している。

韓国はソチ五輪が閉幕してから1カ月以上経ってから、ようやく正式な提訴に踏み切った。これについてロシアスケート連盟のアレクサンドル・ゴルシコフ会長は、ロシアメディアの取材に応えた際、「韓国の提訴はまったく理解不能。五輪期間中には、彼らが審判の採点に不満を持っているなんてことはひと言も聞いていない。今になって提訴するのは荒唐無稽」と話し、暗に韓国スケート連盟が国内世論の圧力に屈し、プロとしての判断力を欠いていることを批判した。

一方、ソチ五輪で金メダルを獲得したソトニコワも、キム・ヨナの熱狂的なファンからの誹謗や侮辱に自身のインスタグラムで「反撃」。わざと首に金メダルをかけた写真をアップロードしている。これに対しキム・ヨナファンは「他人の金メダルを盗んだくせに」などと批判の声を強めた。

韓国が正式に提訴したことを知ってか、ソトニコワは13日にツイッターで「自国のスポーツ選手を支持するのは間違っていない。それは個人の自由。でも、ここに汚い言葉を書き込まないでください!」「もしよければ、私がどんな間違いを犯したのか教えてくれませんか?」とツイート。しかし、メディアに注目されることを意識したのか、すぐに削除している。(翻訳・編集/北田)
引用:ヤフーニュース














上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。