平昌五輪金メダルに向け、女子フィギュアスケート浅田真央.村上佳菜子、ユリア・リプニツカヤ、アデリナ・ソトニコワ、長洲未来の最新情報,画像,写真!キム・ヨナ,,キミー・マイズナー ,カロリナ・コストナー,グレイシー・ゴールド!


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

引用:ヤフーニュース


第66回さっぽろ雪まつりが5日、開幕した。大通会場1丁目「J:COMひろば」の特設スケートリンクではソチ五輪フィギュアスケート女子8位・鈴木明子さん(29)が4~6歳の子供を対象にスケート教室を行った。

 「オペラ座の怪人」の音楽に合わせて登場した鈴木さんは鮮やかな滑りを披露。会場からは拍手が起こった。その後はスケート初心者の子供に指導。「細かく細かく刻んで」と手を携えながら約30分、触れあった。鈴木さんは「(屋外は)開放感があって気持ち良い」と笑顔を見せた。

 札幌市は昨年11月、2026年の冬季五輪・パラリンピック招致を表明。バンクーバー、ソチ代表だった鈴木さんは「(五輪には)出場したけど、ぜひ間近で見たい」と熱望した。特設リンクは11日まで開設され、料金は貸し靴料込みで中学生以上500円、小学生以下300円。
引用:ヤフーニュース


スポンサーサイト
 フィギュアスケート女子の村上佳菜子(19)=中京大=が2日、都内で行われた「ベストエンゲージメント賞2014」の授賞式に出席。「フレンド部門」でともに受賞し、昨季引退した織田信成さん(27)、鈴木明子さん(29)から女子日本のトップとして臨む今季の国際大会に向け、直筆の手紙や色紙をもらいエールを送られた。

 GPシリーズは、20歳の誕生日の11月7日に開幕する中国杯(上海)、NHK杯(11月28~30日、大阪)に出場し「チャレンジ」をテーマにミュージカル「オペラ座の怪人」を演じる。公私ともに仲の良い兄貴分と姉貴分のエールに村上は「メッチャクチャうれしくて、涙が出ちゃいました。頼りまくります」と感涙していた。
引用:ヤフーニュース


フィギュアスケートのアイスショー「ドリームオンアイス」が27日、横浜市の新横浜スケートセンターで行われ、ソチ五輪や世界選手権に出場したトップスケーターらが競演した。写真は演技を披露するプロスケーターの鈴木明子さん【坂本清】
引用:ヤフーニュース


 元フィギュアスケート選手の鈴木明子さん(28)が2日放送のTBS「私の何がイケないの?」(月曜後7・00)に出演。東北福祉大時代、体重制限を気にするあまり極端なダイエットを敢行したことが影響で拒食症になり、体重が32キロまで激減するなど摂食障害に苦しんだ過去を公表していたが、その原因が母親との関係にあったことを明らかにした。

 競技が続けられず故郷の愛知に戻り、母親と精神科へ。そこでカウンセリングを受けた結果、担当医から告げられたのが「母親との関係」だった。「母親にとって理想な子供でないといけないという思いが自分の根底にあった」と鈴木さん。母親に認められたい一心で、初の1人暮らしでも「これまでは親にやってもらっていたので適当にはできなかった」と食事にも完璧を求めてストレスをためていったことが摂食障害につながったという。

 回復のきっかけも母親の言葉。食事中に「食べられるものから食べようね」と温かく見守ってもらえたことで「母親に認めてもらったというか“こんなんでも生きてていいんだ

”と心強く思った」と振り返った。

 現在、公式HPに掲載されている鈴木さんの身長は1メートル61で体重は48キロ。通常3年かかる治療だが、鈴木は約半年でリンクに復活。現在はネイルに興味を持つなど、選手時代にはできなかった“普通の女の子”を楽しんでいる様子も紹介された。
引用:ヤフーニュース


3月のフィギュアスケート世界選手権を最後に選手生活にピリオドを打った愛知県豊橋市の鈴木明子さん(29)。摂食障害やスランプを乗り越えてつかんだ2大会連続の五輪8位入賞。遅咲きと言われた22年間のスケート人生で得た経験やプロスケーターとしての目標などを聞いた。

■母の言葉が心の支えに

 ――22年間、お疲れさまでした。選手として滑り終えた時の気持ちはいかがでしたか。

 悔いはありませんでした。世界選手権の舞台でたくさんの人に見届けてもらい、全うできたことは世界一幸せなスケーターだと思っています。滑り終えた瞬間、新しい人生が始まったと感じました。

 ――スケーターとして心がけたことは何ですか。

 才能がない分、コツコツと努力するしかありませんでした。高い技術を追い求めることも大切ですが、私の場合、基本的な練習を積み重ね、全体を底上げすることにより、成績が伸びました。子どもの頃、母親から「できないんだったら、人の倍、練習してみたら。ずっと続けていれば、きっとできるようになるわよ」と言われた言葉が心の支えになっていました。

 ――母親の存在とは。

 人生の目標です。弱さを見せず努力を陰でする人です。大好きなスケートを続けられたのは母親のおかげです。感謝しています。

 ――摂食障害をどうやって克服したのですか。

 最初は病気を受け入れられず、目の前が真っ暗になりました。1年ほど療養生活を続け、すべてを受け入れてからは楽になりました。自分の中では「スケートがしたい。氷の上に戻りたい」という夢があったから頑張れたと思います。

朝日新聞社
引用:ヤフーニュース














上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。