平昌五輪金メダルに向け、女子フィギュアスケート浅田真央.村上佳菜子、ユリア・リプニツカヤ、アデリナ・ソトニコワ、長洲未来の最新情報,画像,写真!キム・ヨナ,,キミー・マイズナー ,カロリナ・コストナー,グレイシー・ゴールド!


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

引用:ヤフーニュース


 トリノ五輪フィギュアスケートは11日、日本勢が出場していないペアのショートプログラム(SP)が行われ、世界選手権2連覇のタチアナ・トトミアニナ、マキシム・マリニン組(ロシア)が68・64点で首位に立った。
 張丹、張昊組(中国)が64・72点で2位につけた。日本代表として2度五輪出場経験のある井上怜奈、ジョン・ボルドウィン組(米国)は61・27点で6位につけた。(共同)
(共同通信)


引用:ヤフーニュース


スポンサーサイト
【トリノ6日共同】トリノ冬季五輪のフィギュアスケートのペアに米国代表として出場する井上怜奈が6日、パートナーのジョン・ボルドウィンと試合会場のパラベラ競技場で初練習した。
 約30分間、氷の状態を確かめた。5日夕にトリノ入りしたばかりだが「思ったほど時差ぼけがなくてちゃんと滑れた」と笑顔を見せた。父親をがんで亡くし、自身もがんを克服してつかんだ五輪の舞台は、日本代表で出場した1994年以来12年ぶり。「選手村に入ってすごい懐かしい感じがした。あらためて、今回父が生きていたら喜んでくれただろうなと思った」と、かみしめるように話した。 (共同通信)



引用:ヤフーニュース


 フィギュアスケートの四大陸選手権は26日、米コロラド州コロラドスプリングズで行われ、ペアでトリノ五輪米国代表の井上怜奈、ジョン・ボルドウィン組がショートプログラム(SP)に続いて自由演技でも1位となり、合計168.89点で優勝した。井上は日本代表として1992年アルベールビル五輪、94年リレハンメル五輪に出場。昨年9月に米国籍を取得した。若松詩子、ジャンセバスチャン・フェクトー組(カナダ)が2位に入った。

引用:ヤフーニュース


<フィギュアスケート:全米選手権>◇4日目◇13日◇セントルイス

 ペアのフリーを行い、昨年秋に米国籍を取得した井上怜奈(29)はジョン・ボルドウィンと組んで、ショートプログラム(SP)の4位から181・05点で逆転優勝、米国代表になった。井上は「SPの失敗でがっかりはしたけど、引きずることはなかった。これだけ練習してきたのだから、考えすぎずに体の記憶に任せようと思った。まさかもう1度(五輪出場が)あるなんて」と話した。日本スケート連盟によると、日本代表で五輪に出場した選手が他の国・地域で五輪代表になるのは初めて。98年に患った肺がんを克服しての快挙達成となった。同選手権の優勝者は、自動的に五輪代表となる。


引用:ヤフーニュース


 【セントルイス高橋秀明】トリノ冬季五輪の代表選考会を兼ねたフィギュアスケートの全米選手権第4日は13日、当地でペアのフリーが行われ、ショートプログラム(SP)4位と出遅れた井上怜奈、ジョン・ボルドウィン組が181.05点をマークし、逆転で2年ぶり2度目の優勝。2位のマーシー・ヒンツマン、アーロン・パーチェム組とともに五輪代表の座をつかんだ。川口悠子、デビン・パトリック組は15位だった。

引用:ヤフーニュース



 | 平昌五輪への道。フィギアスケート2016-2017-2018最新情報・日程・画像・写真 |  次のページへ
メールはこちらまで













上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。