平昌五輪金メダルに向け、女子フィギュアスケート浅田真央.村上佳菜子、ユリア・リプニツカヤ、アデリナ・ソトニコワ、長洲未来の最新情報,画像,写真!キム・ヨナ,,キミー・マイズナー ,カロリナ・コストナー,グレイシー・ゴールド!


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

引用:ヤフーニュース


舞の新たな挑戦の結果は?

 フィギュアスケート選手で、テレビでも活躍する浅田舞(27)が20日、名古屋市内で「トヨタホームリンク」(~来年2月28日)の点灯式ゲストを務めた。

「アクセスもいいので多くの人に楽しんでほしい。今年のイルミネーションは本当にすてきです」と舞がプッシュしたこのリンクは、特殊プラスチックパネルでできた人工リンク。安藤美姫や舞の妹・真央、先のGPシリーズ中国杯で2位に入った本郷理華(19)らを育てた土地柄らしく、期間限定ながら過去6年で、22万人を動員する名古屋の冬の風物詩となっている。

 舞がフィギュア関係のイベントに参加するのは今冬初めてだが、最近ではリンクよりもテレビでの活躍が目立っている。地元テレビ局メ~テレ(テレビ朝日系)でも、朝の情報番組「ドデスカ!」の火曜日コメンテーターとして奮戦中。「早起きは苦手ですが、朝4時起床で頑張ってます」とあって、関係者の評判も上々だ。

 そんな舞が今年「カレンダー」にも挑戦した。

 当初は出す予定はなかったという。だが「今年様々な場所に行ったことで、いい写真が集まった」(関係者)ことから、“緊急発売”を決定。告知も今月に入ってから、発売日も27日と、かなり後発になることを承知の上で、「舞日和」(2300円)を発売する。

 その分、写真はプライベート感たっぷり。舞のお気に入りは「ベトナム・ダナンで自分で買ったアオザイ姿の写真です」。水着や、追加のスタジオ撮影によるエプロンやパジャマ姿もある。最後は頬を赤らめ「恥ずかしいのでもういいです…」とカレンダーを閉じてしまった。

引用:ヤフーニュース


スポンサーサイト
近ごろ、バラエティー番組にひっぱりだこの浅田舞(26)。先月24日放送の「解決!ナイナイアンサー3時間SP」(日本テレビ系)では、「今まで3人の男性と付き合ったけど、終わってしまった原因は相手の浮気」「服装、髪形、メークはすべてその人が好きなものにする」など、自身の恋愛遍歴を暴露した。顔に似合わぬぶっちゃけトークが受けているらしい。

 1988年生まれで、妹で人気フィギュアスケーターの浅田真央より2歳上。子供の頃からともにスケートを習っていたが、徐々に真央に抜かれていったのは有名な話。

 これまでも、真央との不仲を暴露したことがある。スケートの成績で追い抜かれ、人気がどんどん出ていく妹に嫉妬し、口もきかないほど仲が悪かった過去を明かしたのだ。また、20歳のころにはグレて、髪を金色に染め、夜な夜なクラブで踊りまくって朝帰りをしたり、外泊して漫画喫茶で朝を迎えたこともあると明かした。フィギュアスケートの美しいイメージや、国民的スターの浅田真央の姉という神聖なイメージをブチ壊した、と失望する声も聞かれた。

「ぶっちゃけトークばかりじゃありません。彼女には“巨乳”という武器があり、ぶっちゃけトークと両方でアピールしている。美人で、スポーツで鍛えた健康的な肉体美はとても魅力的。本人もそれを自覚し、明るく前向きに捉えているところがますます魅力で、男性ファンを獲得しています」(芸能ライター)

■結婚願望は強いが…

 昨年12月、「週刊プレイボーイ」(集英社)で初グラビアに挑戦。先月23日には初の写真集「舞」(集英社)を発売し、Eカップといわれる豊かなバストを、水着姿などで楽しませてくれている。

 17日放送の「有吉弘行のダレトク!?」(フジテレビ系)では、ゲストで共演した柳原可奈子が浅田の胸をもみ「ああ! すごい!」と絶叫。「結構使われている……たゆん、って感じ」とコメントし、浅田のセクシーなイメージに拍車をかけた。

 目下、この巨乳を独り占めしているのが、音楽グループ「シクラメン」のボーカル兼リーダーで、6歳上のDEppa。浅田はもともと「シクラメン」のファンで、12年春にイベントで共演したのを機に同年夏ごろ、交際をスタートさせた。浅田は結婚願望が強く、この春に結婚か、と報じられたこともある。

「東海地区のテレビ番組のレギュラーを持つ浅田さんですが、このところ全国区のバラエティーなどで活躍し、タレントとして上昇気流に乗っている。まだまだこれから、いろんな人と出会い価値観が変わるし、新しい男からのアプローチも増えるでしょう。このまますんなり今のカレと結婚、とはいかないと思いますね」(芸能ライター=前出)

 恋多き女と報じられる日も近い!?
引用:ヤフーニュース


元フィギュアスケート選手の美人スポーツキャスター、浅田舞(26)のブレークぶりに彼氏が発言した。

 3日、都内で特番「泣きたい人ダラケ」(26日午後9時ほか、BSスカパー!)の公開収録が行われ、Jポップグループ「シクラメン」がゲスト出演した。“涙活公認アーティスト第1号”として活動するシクラメンは会場に集まった泣きたい一般人を前に、泣ける歌を3曲披露し、喝采を浴びた。

 リーダーのDEppa(デッパ=32)は司会の千原ジュニア(40)との共演に「僕ら揃ってジュニアさんのファンということで、本当に共演がうれしいです。質問の仕方もビシッと切り込んでカッコいいんですよね」と緊張の面持ちだった。

 DEppaといえば現在、浅田の彼氏としても知られる。浅田はテレビ番組に引っ張りだこの上、キュートなルックスにユッサユッサと揺れる巨乳(推定Gカップ)を生かしたグラビアが大人気だ。浅田のセクシーグラビアを掲載した週刊誌が、1割増の売り上げを記録して話題になったばかり。23日に発売される初写真集もヒット間違いなしといわれている。

 DEppaは本紙の直撃に、マネジャーが制止するなか「(浅田の人気は)うらやましいですよね。僕らもCDの売り上げがアップすればいいんですが…。あやかりたい」と、笑顔で答えた。

 シクラメンのファンだった浅田は、共演を機に2012年から交際をスタートし「彼氏がいる」と公言してきた。一部では今春の“ゴールイン”も報じられたが、浅田は否定。満面の笑みを浮かべるDEppaの表情からは、2人の仲が順調なことがうかがえた。
引用:ヤフーニュース


  第61回国民体育大会冬季大会スケート、アイスホッケー両競技会最終日は1日、北海道の苫小牧市ハイランドスポーツセンターなどで行われ、フィギュア少年女子は4大陸選手権6位の浅田舞(愛知・東海学園高)が初優勝した。
国体フィギアスケート浅田舞
 
  スピードの成年男子1000メートルは、500メートル1位の篠原裕太郎(富山・富山県総合体育センター)が1分14秒58で優勝。同5000メートルは今季ワールドカップ(W杯)出場の平子裕基(北海道・音更トラクター工業)が6分35秒26の大会新で制した。少年女子1000メートルは高校総体覇者の松田有幾(北海道・白樺学園高)が勝った。  アイスホッケーの成年は東京が北海道に6-1で勝ち、少年は北海道が青森に14-1で大勝してそれぞれ3連覇達成。 (共同通信)


引用:ヤフーニュース


第61回国民体育大会冬季大会スケート、アイスホッケー両競技会第4日は31日、北海道の苫小牧市ハイランドスポーツセンターなどで行われ、フィギュアの少年女子ショートプログラム(SP)で、4大陸選手権6位の浅田舞(愛知・東海学園高)が首位に立った。同男子は小塚崇彦(愛知・中京大中京高)が2連覇を果たした。
  スピードの成年女子1500メートルは石沢志穂(北海道・岸本医科学研究所)が2分8秒71で1位。2003年世界スプリント選手権総合3位の新谷志保美(長野・竹村製作所)は7位に終わった。
 少年女子1500メートルは藤村祥子(北海道・白樺学園高)が2分6秒54で高校総体との2冠。同男子1500メートルは高校総体1000メートル優勝の原宏彰(長野・佐久長聖高)が勝った。
 アイスホッケーの少年は、北海道と青森が決勝に進んだ。
共同通信


引用:ヤフーニュース



 | 平昌五輪への道。フィギアスケート2016-2017-2018最新情報・日程・画像・写真 |  次のページへ
メールはこちらまで













上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。