平昌五輪金メダルに向け、女子フィギュアスケート浅田真央.村上佳菜子、ユリア・リプニツカヤ、アデリナ・ソトニコワ、長洲未来の最新情報,画像,写真!キム・ヨナ,,キミー・マイズナー ,カロリナ・コストナー,グレイシー・ゴールド!


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

引用:ヤフーニュース


今年のスポーツ界で優れた成績を残した個人や団体に贈られる「テレビ朝日ビッグスポーツ賞」の選考委員会が2日開かれ、3月のフリースタイルスキー世界選手権でモーグル、デュアルモーグルで2冠を達成した女子の上村愛子(北野建設)、世界水泳選手権の競泳男子100メートル背泳ぎ金メダルの古賀淳也(スウィン埼玉)、世界体操選手権の個人総合金メダルの内村航平(日体大)の3人が選ばれた。上村は来年2月のバンクーバー五輪に内定している。

 テレビ朝日スポーツ放送大賞には、野球のワールド・ベースボール・クラシック(WBC)で連覇を達成した日本代表チームと、男子ゴルフのメジャー大会に初挑戦した石川遼が選ばれた。表彰式は来年1月15日に行われる。 


引用:ヤフーニュース


スポンサーサイト
フリースタイルスキー女子モーグルの上村愛子(29)=北野建設=が、バンクーバー五輪開幕100日前となった4日、都内での会見に臨み、金メダルを獲得した3月の世界選手権(猪苗代)に続き、バンクーバーでの2年連続女王を目標に掲げた。会見には、上村の夫でアルペンスキーの皆川賢太郎(32)=竹村総合設備、ノルディックスキー・ジャンプの岡部孝信(39)=雪印=らが出席し、五輪への意欲を口にした。

  ◇  ◇

 節目の日に、控えめに金メダル宣言だ。司会の荻原次晴氏に「世界女王」と紹介され、上村はマイクを手にとった。「いろんなところで“女王”と書かれるけど、今度は新しいシーズン。五輪後にそう書いて頂けるように、納得する成績を収めたい」。笑顔で悲願への思いを伝えた。  4回目の五輪出場となるバンクーバーは、過去のどのシーズンより充実した状態で迎える。2季前はW杯総合優勝を飾り、昨季は世界選手権で圧勝した。「緊張する舞台で、狙いにいって結果を残せたのは自信になる」。“女王”として、十分な実績を残して臨む。

 プライベートでは6月に皆川と結婚した。「プラスになっている。会話の中でいろいろなヒントをもらっている。トレーニングを毎日間近で見せてもらって、頑張らなきゃっていう気持ちになる」。公私ともに充実して五輪イヤーを迎える。

 30歳で迎える五輪本番。競技生活の一つの区切りとしても意識している。「今後については決めていない。もしかしたら最後(の五輪)になっちゃうのかな?というのを頭に入れながらやっている」。世界選手権での「満足できる滑り」をさらなる高みとして、集大成にしたい思いだ。

 「五輪はスペシャルな大会。本当に(金メダルを)取りたいなと思う」と目を輝かせた。「中学時代、家族旅行で行った(バンクーバー郊外の)ウィスラーでモーグルを初めて見た。そこに行かなければモーグルをやっていなかったと思う。そこにつながる縁があったのかな?」。100日後。運命の地で行われる五輪へ思いをはせた。


引用:ヤフーニュース


来年2月12日のバンクーバー五輪開幕まで、あと100日の節目を迎えた4日、スキーの有力選手が東京都内で会見し、シーズンへの抱負を語った。また、全日本スキー連盟の伊藤義郎会長は「全体で5個、金が2~3個」と、初めてスキー勢のメダル獲得目標数を明らかにした。

 会見に臨んだ選手のうち、今年の世界選手権でデュアルモーグルとモーグルの「2冠」を達成したフリースタイル・モーグル女子の上村愛子(北野建設)は「もしかしたら最後の五輪になるかもしれないと、頭に置きながらやる。冬の競技が楽しいと思ってもらえるよう、精いっぱい頑張りたい」と抱負を語り、世界選手権の団体で金メダルを獲得したノルディック複合の小林範仁(東京美装)は「世界選手権のメダルによってチームの雰囲気が良くなった。(五輪までの)一戦一戦を大切にしたい」と力強く述べた。

 また、伊藤会長はバンクーバーでの目標について「結果的に『惨敗』と報じられた過去2大会の反省から、テクニックの向上と世代交代を課題に、強化を進めてきた。ベテラン選手は、これまでの経験を踏まえて五輪に臨んでほしい」などと選手への期待を語った。


引用:ヤフーニュース


日本オリンピック委員会(JOC)は来年2月のバンクーバー冬季五輪日本代表選手団の公式スポーツウエアを発表した。デサント、ミズノ、アシックスの公式協賛社3社によるもので、表彰台で着用するジャケットは白地に赤い「JAPAN」のロゴが入ったシンプルなデザイン。フリースタイルスキー女子モーグルの上村愛子(29=北野建設)は「これを着て、表彰台の真ん中に立てたら、物凄く気持ちいいなと思う」と金メダル獲得のイメージを膨らませていた。


引用:ヤフーニュース


バンクーバー五輪フリースタイルスキー女子モーグル代表に内定している上村愛子(北野建設)が28日、オーストラリアでの約3週間の雪上合宿を終えて帰国。当地で、今季初の実戦となったコンチネンタル杯で好成績を残し「自分らしい滑りができている。体はできている」と順調ぶりをアピールした。


引用:ヤフーニュース














上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。