平昌五輪金メダルに向け、女子フィギュアスケート浅田真央.村上佳菜子、ユリア・リプニツカヤ、アデリナ・ソトニコワ、長洲未来の最新情報,画像,写真!キム・ヨナ,,キミー・マイズナー ,カロリナ・コストナー,グレイシー・ゴールド!


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

引用:ヤフーニュース


金メダル獲りの秘策は姉妹愛だ!! バンクーバー冬季五輪のフィギュアスケート日本代表・浅田真央(19)の姉でフィギュア選手の舞(21)=いずれも中京大=が5日、六本木の東京ミッドタウンにオープンしたフォルクスワーゲンスケートリンクの開場セレモニーに出演。06年トリノ五輪金メダリストの荒川静香さん(28)とともに演技を披露し、真央の活躍にエールを送った。

 期待を背負い五輪に挑む真央にとって、頼もしいのはやはり姉の存在だ。この日オープンしたスケートリンクのセレモニーに出席した舞は「五輪までの過程を一緒に楽しみながら頑張っていけたらいい」と妹に温かいバックアップを誓った。

 地元・名古屋で過ごした年末年始は、姉妹で紅白歌合戦を見たり、おいしい物を食べたりと楽しく過ごした。「五輪の話はしていない」と舞。真央にはリラックスできる環境をつくりながらも、この日のパーティーでは参加者に「妹は本当に頑張っているので、皆さん応援してください」と頭を下げるなど献身的に支える。五輪本番も「行くとしてもこっそり」と陰に回るつもりだ。

 真央は新年2日から練習を再開。10日前後にはロシアからコーチのタチアナ・タラソワ氏も来日し、出場予定の四大陸選手権(1月27~30日、韓国・全州)に向け集中練習を行う予定だ。姉の支えを受け、真央がいよいよ五輪モードに入る。


引用:ヤフーニュース


スポンサーサイト
スピードスケートのバンクーバー冬季五輪代表選考会は30日、長野市のエムウェーブで開催され、“スーパー中学生”高木美帆(15)=北海道・幕別札内中=が女子1500メートルで優勝し、五輪代表入りを決めた。中学生の五輪代表は史上初。

 高木は28日の3000メートルで3位に入り一躍注目の的となり、29日の1000メートルでは日本中学記録をマークし連日の3位。五輪代表入りが確実視されていた。

 この日は、すでに代表入りが決まっている吉井小百合(4位)に勝って1分59秒47で優勝。2位は小平奈緒=相沢病院=、3位は田畑真紀=ダイチ=。最終選考会となる今大会は500メートルで2位以内、他の種目は優勝で決定するため、高木の代表入りが決まった。


引用:ヤフーニュース


来年2月のバンクーバー冬季五輪でフィギュアスケートの日本代表に決まった女子の浅田真央(中京大)、鈴木明子(邦和スポーツランド)、安藤美姫(トヨタ自動車)、男子の高橋大輔(関西大)、小塚崇彦(トヨタ自動車)、織田信成(関西大)の6選手は晴れやかな表情で会見し、喜びを語った。

 ――五輪出場が決まった気持ちは

(浅田)初めて五輪に行くことができて、今はうれしい。もう一度気持ちを引き締めて、強い気持ちで五輪に臨みたい。

(鈴木)正直まだ実感があまりないが、驚きとともに、すごくうれしい、全日本は楽しく滑れたけど、課題はたくさんあるので、しっかりと練習していきたい。

(安藤)全日本ではフリーで後半にジャンプのミスが続いて、内定者としてふさわしくない演技をしてしまった。2度目の五輪では、力強い安藤美姫という選手を見ていただきたいし、表彰台に上がれたらいいと思う。

(高橋)心からうれしいと同時に、全日本ではチャンピオンらしい演技はできなかった。この悔しさをばねに、五輪で納得のいく演技ができれば。

(織田)初出場できて本当にうれしい。初めての経験ばっかりだと思うけど、たくさん貴重な経験をして、いい表情で日本に帰りたい。

(小塚)とにかく一日一日を大切に、毎日一歩一歩練習して五輪に臨みたい。

 ――五輪に向け、とくにどの部分を練習していくか

(高橋)まずは4回転(ジャンプ)の確率を上げること。後は滑り込んで体をいじめて、練習あるのみです。

(織田)僕も4回転を決めるのが1つの目標。あとはスピンでレベルを上げるとGOE(技に対する加点)が取れなかったり、GOEが取れるとレベルが取れなかったりしている点です。

(小塚)全日本では小さいミスが多かったので、それを直していきたい。

(浅田)五輪の前には四大陸選手権もある。高くて余裕のあるジャンプができるように、四大陸で修正していきたい。

(鈴木)全日本ではスピンでの取りこぼしが多くて、思うようなレベルが取れていなかった。プログラム全体の完成度も高めたい。

(安藤)3回転-3回転が練習ではできていても、試合では2本目が2回転になる。スピン、ステップ、スパイラルも、もっともっと練習していきたい。

 ――トリノ五輪のときの教訓は

(高橋)今思うと五輪の重みが分かっていなかった。心ここにあらずだったと思うので、今回は自分が何をしたいか考えながら五輪期間を過ごしたい。

(安藤)私も自分の夢だけで終わってしまった。国旗を背負っていくので、代表としてどうすべきかを理解した上で、4年間過ごしてきたつもり。成長したなと言われるようにしたい。

 ――初出場の4人はどう臨むか

(織田)五輪はやっぱり夢の舞台で、今回、夢から目標に変わった。その辺をきっちりとわきまえていきたい。

(小塚)五輪はずっと目標においてきたので、また新たな気持ちで臨みたい。

(浅田)もう一度、課題をしっかりと練習して、自分を信じて頑張りたい。

(鈴木)高橋さんと安藤さんの話を聞いて、身が引き締まる思い。きょうだけ喜んで、代表としてしっかりと練習を積んでいきたい。

 ――五輪での目標は

(高橋)4年前から言っているように、バンクーバーで「金」を取ることです。

(織田)僕は4回転を目標にしているので、しっかりと4回転を決めたい。

(小塚)最高の舞台で最高の演技をしたい。その目標で今シーズンはやってきている。

(浅田)大きな舞台で自分の持っているすべてのプログラムをパーフェクトに滑ること。ショートプログラムもフリーもすべてを出し切って滑ることです。

(鈴木)心を込めてプログラムを滑ることと、できればバンクーバーの地でスタンディングオベーションをもらいたい。

(安藤)家族や友達への感謝の気持ちを込めて、それを忘れずに最後に「いい演技だった」と思えるようにしたい。もちろん結果も、自分の心の中では強い気持ちを持っていきたい。


引用:ヤフーニュース


フィギュアスケートの全日本選手権最終日が27日、大阪なみはやドームで行われ、全競技終了後にバンクーバー冬季五輪の代表選手が会場で発表された。女子はすでに代表に内定していた安藤美姫(トヨタ自動車)、全日本で4連覇を果たした浅田真央(中京大)に続き、鈴木明子(邦和スポーツランド)が選出された。

 男子は織田信成(関大)、高橋大輔(関大大学院)、小塚崇彦(トヨタ自動車)の3選手。アイスダンスはキャシー・リード、クリス・リード組(木下工務店ク東京)が代表の座を勝ち取った。

以下は女子3選手の会場でのコメント

■安藤美姫

「全日本に足を運んでいただいてありがとうございました。今回はあまりいい演技ができなかったけど、2回目の五輪に出場させていただきます。ファイナルで内定をいただいて、違う緊張感で全日本に臨みました。みなさんの応援がこの結果につながりました。みなさんの声援と応援の力を五輪に一緒に持って行って、頑張ってメダルを日本に持って帰ってこられたらいいなと思います」

■鈴木明子

「ありがとうございます。みなさんの声援が背中を押してくれて、ステップを踏んでいるとき楽しかったです、終わったあと、本当に幸せでした。きょうは自分の演技ができて、さらに五輪内定をいただけて、まだ実感がないですが一日一日を大切に練習して自分のスケートを世界の人に見てもらえるよう頑張りたいです」

■浅田真央

「きょうもたくさんの人のパワーが伝わってきましたし、パワーをいただくことができました。五輪代表に決まりほっとしていますが、気持ちを抜かず五輪でたくさんの人に恩返しできるよう頑張ります」


引用:ヤフーニュース


フィギュアスケートのバンクーバー五輪代表最終選考会を兼ねた全日本選手権は27日、大阪府門真市のなみはやドームで最終日が行われ、女子で浅田真央(19)=中京大=が4年連続4回目の優勝を果たした。2位には鈴木明子(24)=邦和スポーツランド=が入った。日本スケート連盟は同日夜の理事会で、この2人と、グランプリファイナル(今月上旬、東京)の銀メダルで代表内定済みで今大会4位の安藤美姫(22)=トヨタ自動車=を加えた3人を代表に決定した。浅田、鈴木は初、安藤は2大会連続の五輪代表。

 アイスダンスは米国出身で日本国籍を持つキャシー・リード(22)クリス・リード(20)組=木下工務店ク東京=が初の代表入り。男子は大会前に内定していた織田信成(22)=関大=と、今大会優勝の高橋大輔(23)=関大大学院、3位の小塚崇彦(20)=トヨタ自動車=の3人が正式に代表に選ばれた。

 バンクーバー五輪のフィギュアスケートは、大会第3日の2月14日(日本時間同15日)から行われる。

 ◇誰もが納得する顔ぶれに

 前回トリノ五輪では代表選考が論議を呼んだが、今回はだれもが納得する顔ぶれになった。伊東秀仁・日本スケート連盟フィギュア部長も「フィギュア委員会、理事会ともすぐ満場一致で決まった」と明かす。

 女子3枠目は鈴木と中野が選考基準に達していたが、鈴木は今季、GPファイナルで3位に入り、今大会でも中野をわずか0.17点差ながら上回った。中野は世界選手権に3度出場してすべて5位以内と、世界選手権出場なしの鈴木より過去の実績では優位だが、伊東部長は「中野の実績や左肩負傷(による出遅れ)も考慮したが、今季と今大会の成績を踏まえた」と説明した。

 五輪本番に向けて伊東部長は「目標は複数のメダル獲得。男女全員にチャンスがある」と強調する。浅田と小塚は「本人の希望」(伊東部長)で4大陸選手権に出場し、ややハードな日程となる。ただし、調整は各選手に一切任せられ、トリノ五輪前のような事前合宿はない。連盟側による選手の状態の把握、チームとしての一体感などにやや不安が残る。


引用:ヤフーニュース














上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。