平昌五輪金メダルに向け、女子フィギュアスケート浅田真央.村上佳菜子、ユリア・リプニツカヤ、アデリナ・ソトニコワ、長洲未来の最新情報,画像,写真!キム・ヨナ,,キミー・マイズナー ,カロリナ・コストナー,グレイシー・ゴールド!


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

引用:ヤフーニュース


フィギュアスケートGPシリーズ最終戦、NHK杯第1日(28日、東京・国立代々木競技場)米国の井上、ボルドウィン組が、ペアで2位の好発進。肺がんを克服して競技を続ける井上にボルドウィンが氷上プロポーズした話はテレビCMにもなっており、観客から拍手が鳴りやまなかった。

 ボルドウィンは、あまりの歓声に「怜奈(井上)のかけ声が聞こえなかった」と振り返りながら「これ以上ないぐらい満足している」と笑顔。井上は「アメリカより日本でやる方が好き」と、一体感ある観客席の雰囲気を喜んでいた。


引用:ヤフーニュース


スポンサーサイト
フィギュアスケートのグランプリ(GP)シリーズ最終戦、第6戦のNHK杯は28日、東京・国立代々木競技場で開幕し、女子のショートプログラムでGPファイナル進出を狙うフランス杯2位の世界女王、浅田真央(愛知・中京大中京高)は64.64点でトップに立った。

 浅田は「今シーズンでは一番良かった」とホッとした表情。「ジャンプをするまではすごく緊張した。今日の出来は次に繋がるいいものでした」とコメントした。

 スケートアメリカ2位の中野友加里(プリンスホテル)が54.82点で5位と出遅れた。鈴木明子(邦和スポーツランド)が55.56点で4位と健闘した。

 アシュレイ・ワグナー(米国)が61.52点で2位につけている


引用:ヤフーニュース


フィギュアスケートのグランプリ(GP)シリーズ最終戦NHK杯は28日開幕し、男子ショートプログラム(SP)では、2季ぶりにGPシリーズ出場の日本の織田信成(関大)が81・63点で首位発進。

 シニアGP初参戦の無良崇人(岡山・倉敷翠松高)は69・70点で4位に入った。南里康晴(ふくや)は63・87点で8位。


引用:ヤフーニュース


フィギュアスケートの全日本ジュニア選手権最終日は24日、名古屋市の日本ガイシアリーナで男女自由などが行われ、女子はショートプログラム(SP)2位の今井遙(ムサシノク)が自由で4位に入り、合計144.15点で逆転優勝した。SP首位の中村愛音(名東ク)は自由8位で、4位に沈んだ。  男子はSP4位の羽生結弦(宮城ク)が合計182.17点で優勝。SPトップの町田樹(関大)は2位に終わった。

 アイスダンスは杉木奈々(新横浜プリンスク)水谷太洋(法大)組が制した。


引用:ヤフーニュース


【モスクワ=若水浩】フィギュアスケートのグランプリ(GP)シリーズ第5戦ロシア杯は2日目の22日、ペアでショートプログラム(SP)2位の川口悠子、アレクサンドル・スミルノフ組(ロシア)が、フリーでは1位となったが、合計169・27点で逆転はならず2位に終わった。

 川口組はGPファイナル(12月・韓国)進出を決めた。優勝は177・42点の張丹、張昊組(中国)。

 男子は、SP首位のブライアン・ジュベール(仏)が、フリーでは4位にとどまったが、合計230・78点で逃げ切った。


引用:ヤフーニュース














上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。