平昌五輪金メダルに向け、女子フィギュアスケート浅田真央.村上佳菜子、ユリア・リプニツカヤ、アデリナ・ソトニコワ、長洲未来の最新情報,画像,写真!キム・ヨナ,,キミー・マイズナー ,カロリナ・コストナー,グレイシー・ゴールド!


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

引用:ヤフーニュース


フィギュアスケート世界選手権(スウェーデン・イエーテボリ)の女子で初優勝した浅田真央(17)=愛知・中京大中京高=が25日、行った帰国会見の一問一答は次の通り。

 --勝因は
 「一つはショートプログラム(SP)2位で優勝に近い順位につけたこと。もう一つはフリーで(転倒した)トリプルアクセル(3回転半ジャンプ)以外のものを確実に決められたこと。世界選手権という大きな大会で優勝してうれしい」

 --収穫と課題は  「フリーは初めに大きなミス
をしたけれど、気持ちを切り替えることができた。来季に向けてすごくいい経験になった。アクセルの失敗は悔しいので(4月20日の)ジャパン・オープンでもう一回チャレンジしたい」

 --五輪で勝つために必要なことは
 「ルッツの踏み切りを直すことと、出来栄えで加点がもらえるように質のいいジャンプをすること。スピンを速くして、表現力も付けたり、バンクーバーまでの一年一年上達するところはある」

 --来年は長洲未来ら米国の若手も出てくるが
 「自分よりも年下の選手が初めて世界選手権に出てくれば刺激になる。意識して練習すれば頑張れる。負けないようにこれからももっと頑張らないと。新しいプログラムで違った自分を見せられればいい」


引用:ヤフーニュース


スポンサーサイト
フィギュアスケートの世界選手権(スウェーデン)で初優勝した浅田真央(愛知・中京大中京高)が25日、東京都内で帰国会見し、世界選手権2連覇と、10年バンクーバー冬季五輪に向け「上達できることはまだまだある」と意欲を語った。

 フリーでトリプルアクセル(3回転半)の直前に転倒しながら持ち直したことで「気持ちの切り替えた方を学んだ」と振り返った浅田真は、克服すべき課題に「もっと加点してもらうための質のいいジャンプ。スピンの回転や表情」を挙げた。

 来季以降は新しいプログラムで「違った自分を見せられたらいい」と抱負を語った浅田真。06年トリノ五輪で金メダルの荒川静香(プリンスホテル)も五輪の2年前の世界選手権で優勝したことを聞かれると、「すごくいいことじゃないかなあ、とプラス思考でいきたい」と笑顔を見せた。【小坂大】


引用:ヤフーニュース


フィギュアスケート世界選手権(スウェーデン・イエーテボリ)の女子で初優勝した浅田真央(愛知・中京大中京高)が25日午前帰国し「初めて世界選手権で優勝できてうれしい。ほっとしています」と喜びを語った。

 愛知・中部国際空港内で記者会見した浅田真は金メダルを披露しながら、改めて世界女王になった実感をかみしめている様子。今季の主要大会も終了し「家でゆっくり休んで(愛犬の)エアロ、ティアラ、コマチと遊びたい」と笑顔で話した。

 今後は30日に名古屋市内で行われるエキシビション、4月のジャパンオープンに出場する予定。 


引用:ヤフーニュース


22日閉幕したフィギュアスケートの世界選手権で、日本勢のメダル数は女子の浅田真央(愛知・中京大中京高)の金1個だった。史上最多の3個(金1、銀2)を獲得した前回に比べ、やや物足りなかった。

 浅田真はフリーの冒頭でトリプルアクセル(3回転半)を跳ぶ前に転倒しながら、立て直した精神力は見事。表現力の進歩も勝因だ。一方で今季はジャンプの失敗が目立ち、ルッツは「踏み切り違反」の判定。来季への課題も残った。

 中野友加里(早大)は自己最高の4位。フリーのプログラム構成点は浅田真に次ぐ2位で、表現力も向上した。さらに上を目指すには、トリプルアクセルの確実さや3-3回転連続ジャンプの習得が欠かせない。

 前回女王の安藤美姫(トヨタ自動車)は左足故障でフリーを途中棄権。今季は表現力が格段に増したが、右肩痛などのため精彩を欠いた。毎年けがをしており、体調管理を見直す必要がある。

 前回からメダル獲得には3-3回転が必須になった。2位のカロリナ・コストナー(イタリア)はジャンプでミスが目立ち、2年連続3位の金妍児(キム・ヨナ、韓国)は股(こ)関節痛で動きが悪かった。米国ではジュニア世代が台頭しており、来季は勢力地図が変わる可能性もある。

 男子の高橋大輔(関大)は優勝候補筆頭だったが、試合直前に調子を落として4位。明らかに調整ミスで、ピークの作り方を誤った。フリーではジャンプ回数の規定違反のミスを犯し、ルールの勉強不足も反省点だ。

 前回王者で今回2位のブライアン・ジュベール(フランス)らメダリストが4回転ジャンプを跳んだが、今回は有力選手の失敗が目立ち、挑まなかったジェフリー・バトル(カナダ)がミスのない演技で優勝した。だが、伊東秀仁・日本スケート連盟フィギュア強化部長は「今はジュニアでも4回転を練習しており、2年後のバンクーバー五輪では4回転を跳べないとメダルは無理」と指摘する。


引用:ヤフーニュース


浅田真央選手が日本選手で最年少の世界選手権覇者となった21日夜放送の「世界フィギュアスケート選手権女子フリー」(フジテレビ系)の平均視聴率(関東地区)は24・3%だったことが24日、ビデオリサーチの調べで分かった。瞬間最高は午後8時53分、浅田選手の優勝が決まった直後の場面で、33.3%を記録した。


引用:ヤフーニュース














上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。