平昌五輪金メダルに向け、女子フィギュアスケート浅田真央.村上佳菜子、ユリア・リプニツカヤ、アデリナ・ソトニコワ、長洲未来の最新情報,画像,写真!キム・ヨナ,,キミー・マイズナー ,カロリナ・コストナー,グレイシー・ゴールド!


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

引用:ヤフーニュース


 フィギュアスケートのシーズン前半戦の世界一を決定する『グランプリファイナル』が10日にスペイン・バルセロナで開幕。テレビ朝日系できょう11日は「男子ショー」(後8:00~9:54)、12日は「女子ショート」(後6:56~9:00)、13日は「男女フリー・エキシビション」(後6:57~11:10)の模様が放送される。

 グランプリ(GP)ファイナルに出場するのは、GPシリーズ上位6人。今年のGPシリーズは、浅田真央選手が2シーズンぶりに参戦、羽生結弦選手が前人未到の300点超えを達成、そして宇野昌磨選手がシニアデビューと話題も多かった。

 GPファイナルには、(男子)羽生、宇野、村上大介、ハビエル・フェルナンデス、パトリック・チャン、金博洋、(女子)浅田、宮原知子、エレーナ・ラジオノワ、エフゲニア・メドベデワ、グレイシー・ゴールド、アシュリー・ワグナーの各6選手が出場する。トリノ五輪金メダリストのフィギュアスケーター・荒川静香に、本大会への期待、日本選手の今季の特徴などを聞いた。

■GPファイナルの見どころ、楽しみ方

 「男女とも高難度のプログラムを滑るようになったので、その中でいかに個性を殺さずに、見ている人に個性をアピール出来るかが楽しみ方になると思います。ジャンプだけに目を奪われず、選手の個性を楽しんで見ていただきたいです。テレビでは細かいところも見られますから。ほかの選手と比べるのは難しいのですが、選手個々の以前の演技と比べると違いがよくわかります。ちょっとさかのぼって出場選手の過去の演技を見てから、今大会を見ていただくと面白いかもしれませんね」

■浅田真央 万全のコンディションでミスのない演技を

 「浅田選手の場合、練習量をこなして自信をつけて試合に臨むタイプ。それを今の自分の身体能力に合った調整方法でこなせれば、テクニックは高いですし、誰にも出来ないようなジャンプ構成で高い得点につなげる強さがあるので、いい結果が期待できるでしょう。今シーズンのプログラムは、ショート、フリーともに彼女の良さが際立つような魅力的なもの。そこに高いテクニックも盛り込んでいくので、非常に大変な作品だと思います。となると、出だしのトリプルアクセルの成否が一つのカギになるのかな、と思います」

■羽生結弦、一人突き抜けた感じ

 「ちょっと突き抜けちゃった感じですね(笑)。現状でパーフェクトにやれば、誰も手が届かない場所に一人で行ってしまったような感じがあります。ただ、難しいジャンプ構成に挑んでいるがゆえの難しさもある。1回良かったものを維持していくだけでも難しいと思います。でも、彼の場合、維持ではなく、もっと向上したいという気持ちが強いでしょうから、NHK杯から短期間で誰もが記憶に残した演技を再び披露できるか、そんな期待感もあります」

■宮原知子、向上した表現力と安定感で表彰台も!?

 「昨年に比べて表現力が飛躍的に伸びてきています。身体はまだ華奢(きゃしゃ)ですが、スケートのスケールが大きくなった。演技構成点も伸びるようになったと思います。表現の面では、目線が以前よりも高くなったことで、空間の使い方も大きくなりました。彼女は目が大きいので、その目を生かした目線の使い方ができるようになりました。それで演技のスケールも大きくなったように感じるのかもしれませんね。ミスをしない、しっかりとトレーニングを積んで身に付けた体力、と彼女の強みを発揮できれば、表彰台の可能性も十分あると思います」

■宇野昌磨、伸びしろが一番大きい選手

 「高難度のジャンプを跳べるというだけでなく、スピンやステップでも加点がとれる。技の得手不得手がないですね。ジャンプもスピンもスケーティングも非常に高いクォリティを持っている選手だと思います。羽生選手に追いつくには、もう1、2種類のジャンプが必要とは思いますが、世界のトップに駆け上がるために必要なものは全て持っていると思います。伸びしろが一番大きな選手ですね」

■村上大介、世界選手権へのステップ

 「今季のグランプリシリーズ2試合では、安定したいい演技を披露してくれました。4回転のサルコーも、トリプルアクセルも自信を持って演技に組み込み、演技力、滑り、スピンの部分でも非常に高い評価が出ています。今回のファイナルは彼が世界に駆け上がっていくために重要な大会になると思います。日本の場合、世界選手権には2人の代表枠しかないので、その出場権争いという意味でも大切な大会。ゴールではなく、しっかりとステップにできるような、いい演技ができればいいなと思います」
引用:ヤフーニュース


スポンサーサイト
 2006年トリノ五輪フィギュアスケート金メダリストで、プロスケーターの荒川静香(33)が4日、都内で行われた「ESCADA 2016春夏ファッションショー」にモデルとして登場した。

 荒川は昨年11月に長女を出産。過去にウエディングドレスを着てランウェイを歩いたことはあるが、ママになってからは初のモデル出演だ。ショーの前に取材に応じた荒川は「本業がモデルじゃないこともあり、ものすごく緊張しています。私なんかが出ていいんだろうかと」と語った。

 現在は育児をしながら、プロスケーターとしても連日トレーニングをしているという。

「スケートに毎日1時間から1時間半、子供からもらっている。育児に時間が必要なので、それ以外はトレーニングしていない」と明かした。

 まだ長女は1歳になったばかりだが、早くも母娘2代での金メダルに期待が高まっている。

「どうしてもそう言われてしまい、(長女が)かわいそうかなと思いますが、本人が(スケートを)やりたければ、ですね」と話した。

引用:ヤフーニュース


 フィギュアスケート女子の荒川静香(プリンスホテル)が、2シーズン前に世界選手権を制した時に使った曲でトリノ五輪の勝負に臨む。
 イタリアが生んだ作曲家プッチーニのオペラ「トゥーランドット」。演技後半に使われる「誰も寝てはならぬ」は、世界3大テノールの1人、パバロッティ氏の独唱で10日の開会式を盛り上げた。移動の都合でそのシーンは見られなかったが、この五輪との縁の深さに「開会式で歌われた曲で滑るのを幸せに思う」と語った。
 年明けのトリノ合宿で会場にこれまでの自由演技の曲を流した時に「単調でどうにかしたい」と感じ、変更を決めた。五輪本番までは残り1カ月余りだったが、「滑っていて心地いい。使ったことのある曲だし、リスクは少ないから決めた」と荒川。
 音楽の編集は、世界を制したシーズンの振り付けを担当し、今季途中からはコーチを務めるニコライ・モロゾフ氏。前回と比べ、伸びやかなパートを多用している。短い準備期間を考慮し、従来の演技構成を生かしつつ音楽でイメージを一新。荒川は「ニコライのすごいのは、動きに合わせて曲を編集してしまうところ」と信頼を寄せる。お気に入りの音楽と、選手の持ち味を引き出すことにたけた同氏の支えを得て、再び世界をあっと言わせることができるか。(クールマイヨール時事)
(時事通信)


引用:ヤフーニュース


 【クールマイヨール(イタリア)11日共同】2種類の3回転-3回転ジャンプに加え、3回転-2回転-2回転の3連続ジャンプも見せた。
 フィギュアスケート女子でメダルが期待される荒川静香(プリンスホテル)が11日に練習を公開した。フランス国境近くの日本選手団事前合宿地、クールマイヨールで高難度のジャンプを軽々と着氷し、仕上がりの良さを披露した。
 ニコライ・モロゾフコーチとフランスのグルノーブルで調整し、10日遅くに当地に入った。日本のフィギュア女子では一番乗りで「開会式も終わり、ここに来て五輪がやってきたという気持ちになった」と話した。
(共同通信)


引用:ヤフーニュース


 フィギュアスケート女子代表の荒川静香(24)=プリンスホテル=が11日、事前合宿地のイタリア・クールマイヨールで練習を公開した。
昨年末の全日本選手権で2位になり、98年長野大会以来2度目の五輪切符を手にした荒川は、年明けにフリーの楽曲をショパンの「幻想即興曲」から、04年世界選手権優勝時に使用していた「トゥーランドット」に変更した。くしくも、前日の開会式セレモニーで3大テノールの1人、パバロッティが「トゥーランドット」を熱唱したばかり。「何か運命を感じました。開会式で歌われた曲を滑ることに幸せを感じます」。
 新プログラムでは荒川のトレードマーク、「イナバウアー」(上体を大きく反らせてリンクを斜めに滑る)でアピールする。「イナバウアーはできるだけ長くいれて、本番(21、23日)では余裕を持って、楽しく滑りたい」とメダル獲りへ意欲を示した。 (サンケイスポーツ)


引用:ヤフーニュース



 | 平昌五輪への道。フィギアスケート2016-2017-2018最新情報・日程・画像・写真 |  次のページへ
メールはこちらまで













上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。