平昌五輪金メダルに向け、女子フィギュアスケート浅田真央.村上佳菜子、ユリア・リプニツカヤ、アデリナ・ソトニコワ、長洲未来の最新情報,画像,写真!キム・ヨナ,,キミー・マイズナー ,カロリナ・コストナー,グレイシー・ゴールド!


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

引用:ヤフーニュース


 シニアと同時開催だったフィギュアスケートのジュニアGPファイナル女子で3位に入った本田真凜(14=大阪・関大中)が15日、スペインから帰国した。

 大阪空港で取材に応じた若手有望株は「(自己ベストだった)ショート(プログラム)は満足できたけどフリーは全然。悔しさの方が大きい」と振り返ったが「(ジュニアGPファイナルに出場した)6人とも違ういいものがあって勉強になったし、そのなかで3位になれたのは自信になった」と手応えもつかんだ。

 表現力豊かなスケートの実力もさることながら、女優業もこなす本田望結(11)の姉とあって、ジュニア選手でありながら注目度は急上昇。次戦は浅田真央ら強豪シニア選手が勢ぞろいする全日本選手権に初挑戦する。「憧れの舞台でもあるし(ジュニアGP)ファイナルよりお客さんも入ると思う。たくさんの人が見てくれる方が自分では(よりいい演技が)できるかなと思う」と“女優魂”をのぞかせた。目標に関しては「みんなすごいので順位は気にしてないけど、185点くらい頑張れたらいいなと思う」とあくまで謙虚。それでも女子は世代交代が急速に進んでおり、伸び盛りのジュニア選手が、いきなり“お姉さま”たちを出し抜いてしまうかもしれない。
引用:ヤフーニュース


スポンサーサイト
 フィギュアスケートのグランプリ(GP)ファイナルで女子2位に入った宮原知子(17)=大阪・関大高=と、同時開催のジュニアGPファイナルで女子3位の本田真凜(14)=関大中=が15日、スペイン・バルセロナから羽田空港を経由し、伊丹空港に帰国した。

 初のファイナルで銀メダルを獲得した宮原は、「すごく緊張した中で落ち着いて滑れた」と納得の表情。それでも「ちょこっと休憩して、自分の演技をもう一回振り返って、次に向けて気を引き締めたい。気を緩めている時間もないので」と、長旅の疲れも見せず、全日本選手権(25日開幕、札幌)での連覇を見据えた。

 ロシア勢の表彰台独占を阻止した本田は「安心した」と安どの表情を浮かべた。妹で子役の望結(11)からは「おめでとう」とメールで連絡があったという。日本でまず食べたいものを聞かれると「ラーメン!!」と満面の笑み。「SPはほぼ完璧な演技ができたけど、フリーは全然満足していない」と、さらなる成長を誓った。
引用:ヤフーニュース


 「フィギュアスケート ジュニアGPファイナル 第1日」(10日・スペイン、バルセロナ)

 女子ショートプログラム(SP)が行われ、日本勢では本田真凜(14)=関大中=が自己ベストの63・69点をマークし、3位につけた。本田は連続3回転ジャンプなどをほぼ完璧に決めると、表現力を示す5項目の構成点では2番目の得点をマークし、好発進を決めた。

 首位ツルスカヤ(ロシア)とは3点差。兄太一、妹で女優として活躍する望結、さらに末妹の紗来とフィギュアスケート一家の期待の星が、ジュニア世界一に挑む。

 今季ジュニアGP2戦2勝の白岩優奈(14)=京都醍醐FSC=は60・68点で5位、三原舞依(16)=神戸ポーアイFSC=は56・01点で6位につけた。
引用:ヤフーニュース














上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。