平昌五輪金メダルに向け、女子フィギュアスケート浅田真央.村上佳菜子、ユリア・リプニツカヤ、アデリナ・ソトニコワ、長洲未来の最新情報,画像,写真!キム・ヨナ,,キミー・マイズナー ,カロリナ・コストナー,グレイシー・ゴールド!


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

引用:ヤフーニュース


 【モスクワ時事】ロシア・スケート連盟は15日、フィギュアスケートのトリノ五輪男子とソチ五輪団体の金メダリスト、エフゲニー・プルシェンコ(32)が来年春に腰の再手術を受けると発表した。
 昨年4月に手術した患部以外に問題が見つかった。
 連盟によると、再手術までは満足な練習ができず、今季の世界選手権と欧州選手権出場は絶望的となった。ただ、フォーム維持の目的で、高度なジャンプを伴わないアイスショーには出演できるという。プルシェンコは今年4月に現役復帰を宣言したばかり。 
引用:ヤフーニュース


スポンサーサイト


 フィギュアスケートの2006年トリノ冬季五輪男子の金メダリストで、18年の韓国・平昌五輪を目指して現役復帰したエフゲニー・プルシェンコ(32)が12日までに、4回転ルッツの大技に挑む練習風景を公開した。

 4回転ルッツは基礎点も高く、難易度の高いジャンプ。2011年に国際大会で初めて米国のムロズ選手が成功した。

 4回転ジャンプにこだわりをみせるプルシェンコはSNSサービス「インスタグラム」の自身のサイトに、大技の練習を始めた映像をアップ。ロシアのメディアはこのニュースを相次いで取り上げ、「プルシェンコは最高難易度のジャンプを練習している」などと報じている。

 プルシェンコは昨年のソチ五輪で負傷し、個人戦を欠場。その後、リハビリをに努め、今年4月に現役復帰することを表明。来季の世界選手権出場を目指して、練習に励んでいる。

引用:ヤフーニュース














上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。